内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

お中元の包装の内職仕事とは

 

 

在宅ワーク内職手作業包装について紹介したいと思います。
子供が小さい家庭や、お年寄りで働きに出られない人、介護などで家に居なければならない事情がある人は、在宅ワークなどの内職の仕事を探している人も多いのではないでしょうか。
地域によってもバラつきがありますが、求人広告などで在宅ワーク内職手作業包装の仕事を見かけることがあります。
この仕事の特徴は主に製品を包装する仕事になりますから、手先が器用な人やお歳暮などの短期の仕事の経験がある人に向いています。
もちろんこの仕事を斡旋している会社では、包装の仕方などを指導してくれますが、出来れば経験があったほうが良いと思います。
お中元やお歳暮などのシーズンには、お菓子やその他の製品を包装する作業が必要となります。
この仕事は短期でパートを雇うなどの雇用形態もありますが、内職として仕事を依頼している会社も多くあります。
また、のしを張る作業もあり、筆を使える人は単価が上がる可能性もあります。
このような在宅ワーク内職手作業包装の仕事は、お客様に直接届けられる商品ですから、丁寧に包む必要があり、手先が器用でなければ勤まりません。
特に女性に向いている仕事だと言えます。
一つの商品はそれなりに大きいので、在宅ワークで包装内職をする場合には、ある程度のスペースが必要となります。
包装し終わった商品を保管しておくスペース、これから包装する商品を保管するスペースなどです。
在宅ワーク内職手作業包装の仕事の募集条件としては、ペットを飼っていない人という条件をつけられている事が多いようです。
小さな子どもが居る家庭でも、別室に商品を保管しておくスペースなどが無ければ採用されません。
この仕事は、特に重労働というわけではありませんから、手先が器用な人であればお年寄りでも可能です。
逆に小さな子どもが居る若い主婦の方の方が、商品の管理が大変なためあまり向いていないかもしれません。

商品は出荷してくれる所もありますから、事情があり家から出られない人にも出来る仕事なので安心ですな、
単価はそれ程高くなく、内職という事もあり安めですから、1時間で500円などそれ程効率の良い仕事ではありません。
しかし、単純で簡単な誰でも出来る手作業内職ではないため、他の手作業内職が時給に換算すると200円〜300円という安い賃金に比べると、高めといえると思います。
お歳暮などの包装の仕事は、出荷などの手間がある為、倉庫で直接パートさんに仕事をしてもらいたいと考えている会社も多いので、内職という形は少ないでしょう。
時期的な仕事で短期の為、子育て中の主婦も多く、何年もこの仕事を続けている人が多いので、求人広告が出ている割合も少ないようです。
また、主婦の間で口コミで仕事を紹介する例もあるので、求人が出ないケースもあります。


お中元とは

お中元

 

『三元』より : 三元(さんげん)とは、上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)の3つの行事の総称である。雑節の一つとすることがある。元々は中国の道教の行事が日本に伝わったものである。
1月15日 (旧暦) 旧暦1月15日。今日では新暦1月15日に行われる。中国では元宵節、元夕などと言い、この日を中心に色取々の灯籠を灯して夜祭を行った。この日に小豆粥を食べると、その年の疫が避けられると言われる。日本では、一月十五日は小正月に当たる。
7月15日 (旧暦) 旧暦7月15日。半年間無事に暮らせたことを祝い、祖先の霊を供養する日。元々道教では、中元は人間贖罪の日として、一日中火を焚いて神を祝う風習があった。これが日本に伝わると盂蘭盆の行事と習合し、祖先の霊を供養し、両親に食べ物を送るようになった。この習慣が、目上の人、お世話になった人等に贈り物をする「お中元」に変化した。

 

 

(WIKIPEDIAより抜粋)

 

スポンサードリンク