内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

宛名書きの内職の探し方

 

 

宛名書きは内職では、おそらくもっともポピュラーな仕事です。
ただ、この宛名書きという内職は内職商法にふれる詐欺まがいの報告が寄せられることが多いというのも、残念ながら事実です。
この宛名書きの内職には、驚くことに、宛名書き内職の資料請求に対する宛名書きというケースもあるようです。
また、他の詐欺まがいの宛名書きにも使われる悪質な宛名書きの内職もあるそうです。
悪質な内職では、通常より安い賃金で行っている事も多く、またハガキなどの必要な材料を買い取らせ、宛名書きをさせる業者も居るようです。
市町村などで斡旋している内職センターの紹介で得た宛名書き内職なら、悪質業者を利用してしまうリスクが防げると思います。
宛名書きの仕事をする前に、よくよく仕事の内容についておかしい所が無いか検討してみてください。
場合によっては、内職希望者の名簿を集めるだけの業者もいるので、資料請求などには注意が必要です。

 

 

 

在宅での手作業の仕事は、ほとんどが1つ完成させると数円もらえるというものがほとんどです。
しかし、宛名書きの内職もそうですがあなたの取り組み次第である程度の収入にはなることはもちろんです。
文字を書くのが早ければ早いほどお金になりますが、やはり人に送るものですから丁寧さも求められます。
宛名書きの内職の内容は、ダイレクトメールやはがきなどできめられた方法で宛名書きする仕事です。
パソコンの普及で需要が減ってきたといわれていますが仕事はまだまだあるようです。
手書きのダイレクトメールはパソコンで作成されたタイプに比べて、一つ一つ手づくりの為心がこもっていると感じられるようです。
その為、手書きを基本としたダイレクトメールもまだまだ存在しています。
宛名書きの内職情報は最近では新聞・雑誌、折り込み広告などの他に、ネットでも得ることが出来ます。
宛名書きの内職の主なものと言えば企業がお客さんに出すダイレクトメールの宛名を書くことです。
ネット、雑誌、新聞、折り込みチラシの中に宛て名書きの内職情報が載っています。
宛名書きの内職の場合、売り上げの何パーセントという歩合制のシステムにしているところが多いようです。
これは一枚宛名書きをしていくらではなく、アフィリエイトと同じ仕組みです。
ダイレクトメールからどれだけ購入者がいたのかも自分では分かりませんし、確認の取りようもありません。
このような内職商法の悪質な手口に騙されないように気を付けることが必要です。
広告費を削減する為に、内職者に手書きでダイレクトメールを書かせ、はがきを買い取らせる場合もあります。
業者は商品が黙っていても売れる可能性があり、広告費も削減でき、更に商品が売れても報酬を支払わなければ良いのです。

これが悪徳業者の手口となります。
ネットなどで宛名書き内職を探す時には、このような悪徳業者に出会う確率がとても多く注意が必要です。
きちんとした業者の内職を掲載している掲示板などを利用しなければなりません。
それらのサイトでは、ある程度身元のハッキリした業者だけが、掲示板に書き込むことが可能で、過去にトラブルが合ったかどうかも直ぐに分かります。
宛名書きでの内職はトラブルが多い為、今では適切な仕事を探すのは大変かもしれません。


スポンサードリンク