内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

在宅ワークの報酬はどの位?

在宅ワークは「楽して高収入」と考えている人は間違いです。
実際にお仕事をしてみると入力、校正、マニュアルを読む、メールを読む時間などの時間も考慮すればそのへんのパート代と変わりない報酬です。
しかも在宅ワークになりたての人はスキルも無く、タイピングの速度もそれほど速くは無いでしょう。
その場合は試行錯誤してやっと入力が終わったけど時給にしてみたら手作業内職のような報酬だったということになる場合もあります。

 

パートに出ていた場合の報酬はお客さんが来ないのでなにも仕事が無い場合でも一時間当たりの報酬が保障されていますが、在宅ワークは仕事をした分しか報酬にならないので、時間配分やスキルアップが重要になってきます。
在宅ワークには納品期限というものが必ずあり、その期限を過ぎてしまうと報酬が支払われない場合もあります。
それはクライアントによって違いますが・・・
在宅ワークは顔が見えない人同士のお仕事になるので、信頼が一番大切なのです。
納期は守るという基本的なことが守られないと信用を失い、仕事の依頼も減ってくることになります。
そういう所からも在宅ワークの報酬に差が出てきてしまうのです。

 

 

在宅ワークを行うためには、スキルというものが重要となってきます。
主婦がパソコンを始めたばかりのスキルで仕事を行うことも可能ですが、ある程度パソコンの操作には慣れている必要があります。
パソコンを利用して仕事をしていると、色々なトラブルが起こることがあるので、パソコンのメンテナンスやトラブルの解消方法なども知っておく必要があります。
基本的な操作方法まで聞く人は嫌がられます。
パソコンを利用して在宅ワークをするなら、ある程度の操作に慣れるためにパソコンスクールに通うことも必要になります。
最近出てきた仕事として、ブログの記事を作成する仕事があります。
この仕事は小学生レベルの文章力でも大丈夫な仕事も多数あり、最低限パソコンの入力が出来れば出来ます。
ただし、タッチタイピングは最低限必要になります。
パソコンで入力作業をするときには、手元を見ないで打ち込みが出来ることが最低限必要です。
単価○○円など一つの仕事の単価が決まっているので、入力スピードが遅いと時給に換算したときの金額が低くなってしまいます。
最初のころはある程度報酬が少なくても、勉強のためと考えた方が良いでしょう。
手作業内職では自給で言うと300円程度の場合が多く、パソコンでの在宅ワークでもその位の報酬の仕事はたくさんあります。
単価が低ければそれだけ、簡単で誰でも出来る仕事となりますから、初めの内はそのような仕事を請けることになります。


スポンサードリンク