内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

内職在宅ワークの仕事の見つけ方

在宅ワークの基本を学んだら、実際に仕事を探して見ましょう。
私が在宅ワークをはじめる時にはじめに行ったのが、「在宅ワーク支援サイトに登録したら仕事がもらえる?」で紹介したような在宅ワーク支援サイトに登録したことです。
在宅ワーク支援サイトでは無料で登録できてお仕事情報があるとメールで依頼が来たり、メンバー専用掲示板で仕事情報を確認したりできます。
在宅ワーク支援サイトに登録して実際にお仕事を体験したのが、グローバルセンスとオフィスMです。
どちらも在宅ワーク支援サイトというよりSOHOのアウトソーシング企業と言えるかもしれません。
どちらも無料で登録できて、特にグローバルセンスは初めて在宅ワークを経験する人にオススメです。
WEB上での入力業務で、難しいものではないですし時間が空いている時に好きなだけ仕事ができます。
と言っても仕事がない時間帯は出来ませんが。
入力をしていて子どもの事で何か用事が出来たときなど直ぐに止められてやった分だけの報酬が受け取れます。

 

 

その他の在宅ワークの探し方としては、求人情報の掲示板を良く利用します。
在宅ワークの求人サイトで私が利用しているサイトはジョブチャンネル@SOHOとSOHOビレッジです。
この3つのサイトを利用すればだいたい仕事が見つかるでしょう。
在宅ワークの求人掲示板には中にはほとんど最新情報が掲載されていないものや、求人数が少ない所もあるのですが、この3つの求人サイトは求人数も多くオススメです。
色々と見ていると最近増えてきたと思うのが、ブログの記事作成のお仕事です。
ライターというお仕事になります。
プロのライターを求めているのではなく、主婦の人でも出来るライターの仕事が増えてきました。
プログラミングなどの本格的な在宅ワークの仕事も掲載されています。
検索エンジンからデータを抜き出す仕事は簡単で、コピーとペーストだけで出来るので初心者でも出来ます。

 

 

他にはまれにですが、求人情報誌に掲載されていることがあります。
一度応募したことがありますが、初心者だった為みごとに落とされました(涙)
最近ではデータ入力などを在宅ワーカーに依頼するところも増えてきているようです。
データ入力の求人の会社に在宅での勤務はダメですか?
とダメもとで聞いてみても良いでしょう。
地域でも在宅ワークを募集している企業が増えてきたため、市販の求人誌でもデータ入力系のお仕事が掲載されている事があります。
在宅ワークを探すときには求人誌はあまり利用しませんが、一度目を通しておくとよいでしょう。
求人誌に掲載されている仕事は長期的な雇用の仕事も多いようですから、一つの仕事を長くやりたい場合に適しているかもしれません。
現座では求人の掲示板をよく利用しており、殆どの仕事を探すことが出来ています。
短期間の仕事なども多数掲載されており、仕事が無くなるとチェックしています。
長期的な仕事を探しているのか、短期的な仕事を探しているのか、それぞれ違うと思いますから、特徴を利用して探してみてください。


スポンサードリンク