内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

内職在宅ワークで必要な道具

在宅ワークで必要なものといえばWord・Excelソフトです。
パソコンを買ったときに付いていないタイプもあるので持っていない方もいると思います。
このソフトは在宅ワークをする上で最低限必要なアイテムですので、持っていない方は購入しておきましょう。
お仕事のマニュアルや予定表、請求書などお仕事に必要な書類はすべてこの2つのどちらかで送られてきます。
そのためこの2つのソフトが無いとマニュアルも開けず、お仕事の内容も分からないので仕事が出来ません。

 

 

在宅ワークの仕事で使うソフトはこのWord・Excelソフトを使う時もあれば、テキストエディタを使う時もあるし、そのクライアントが作成した専用ソフトというものを使う場合もあります。
私はワードもエクセルも基本的なことしか使い方が分かりませんが、仕事には支障ありません。
現在は専用入力ソフトを使用しているのでほとんどエクセルとワードは見るだけのもとなっています。
しかしエクセルとワードを使用した仕事を受ける時には分からない操作があり、いちいち質問していたのでは話しになりません。
基本的な操作と操作方法が分からないときは自分で調べる癖を付けて、分かりやすいエクセルとワードのマニュアルも持っていた方が良いです。

 

 

 

テキスト入力の時には、テキストエディタが必要になってきます。
パソコンに付いているメモ帳やワードでも入力できますが、ワードで作成した場合は余分なスペースが入ったり、文字が勝手に修正されたりすることがあるのでテキストエディタを使用します。
テキストエディタで私が使用しているのにTeraPadがあります。
メモ帳には無い機能があり無料でダウンロード出来るので便利です。
ホームページを作る時になどにもテンプレートを修正したり加工したりする時にも使用しています。

 

 

圧縮・解凍ソフトも必要です。
クライアントからのマニュアルや原稿画像などが送られてくる時に、ファイルサイズが大きいものだとメールのサーバーに負担をかけてしまい途中で接続が切れたりするので、圧縮して送られてきます。
この圧縮してきたファイルを解凍するソフトが必要になってきます。
私は+Lhacaを使っています。
無料でダウンロード出来て圧縮されたファイルを+Lhacaのうえにドラックするだけで簡単に解凍ができるので使用しています。

 

 

プリンターも必要になります。
これは校正のときにプリントして行うことや、請求書の作成などに使います。
文字さえプリント出来れば良いので、高性能プリンターでなくても良いです。
1万円以下の低価格プリンターで十分です。

 

 

その他には仕事のやり取りがメールになってしまうので、プロバイダーの個人的なメールアドレスが必要になります。
フリーメールでやり取りするのは基本的にはやめた方が良いでしょう。
フリーメールの中ではスパムフォルダに入ってしまい、メールが受信できないタイプもあります。
個人的なメールアドレスを教える方が印象も良くなります。


スポンサードリンク