主婦が内職に挑戦した体験談。ネット内職から手作業内職まで経験しました。

MENU

SOHOのメリット

SOHOとして働いてよい事を紹介したいと思います。
私もSOHOとして働いていますが、良かったと思うことがたくさんありました。

 

時間の融通が利くこと

子供を持っている人がSOHOとして働いているケースも多いのです。
子供が居ると細切れに仕事をしなければならず、仕事に集中しなければならないのですが、子供が小さくなければ問題はありません。

 

私も子供が小さい頃(幼稚園くらい)からSOHOとなったため、小学校低学年くらいまでは子育てと仕事との両立がとても大変でした。
子供に手がかかるし、仕事だからと言っても分からない年齢でもあり、何度イライラした事かわかりません。

 

しかし、小学校中学年くらいになってくると、仕事をしている時には集中しなければならないという事が理解できるようです。
子供の学校行事に参加しやすく、子供のスポーツの試合などにも必ず行く事が出来ます。

 

また、子供が急に熱を出したり具合が悪くなっても、いつでも家に居てあげられます。
子供が小さい頃は大変ですが、時間の融通が利きやすいのはとても良いメリットです。

 

子供の用事で昼間外出した時は、夜仕事をするなど調節することができます。
また、あらかじめ用事が分かっていれば、仕事の量を調節して好きなときに休みを入れやすいのもメリットの一つです。
翌日まで納品と言う仕事ではなく、1週間後など納期に余裕があれば、1日休んでしまっても後で挽回できます。

 

子供が夏休みでも、子供のスケジュールに合わせて一緒に外出する事もできます。
仕事だからキャンプに行けないということは無く、後で調節すれば大丈夫なのです。

 

会社に行く通勤時間がもったいない

通勤時間って、首都圏では1時間くらいは普通みたいですね。
少なくても最低でも30分はかかりますね。
この時間って、意外と貴重です。

 

往復2時間も時間をロスしているなんて。
2時間もあれば、自分の趣味の時間に当てられます。
買い物に行く事も出来ますし、その時間ってすごくもったいないです。

 

人間関係のストレスが無い

会社に行くとどうしても人間関係のストレスがありますね。
私は元々ストレスを溜め込みやすいタイプでもあるので、一人で自由に仕事ができるSOHOの方が気楽で良かったと思います。
社会的ストレスは、皆さん感じていることではないでしょうか。

 

子供に「お帰り」と言って上げられる

子供はどう思っているかは分かりませんが、お帰りといつも言ってあげられる環境って良いと思っています。
特に子供は「居なくても良いのに」とか、「外に働きにでれば?」と言った事は無いので、子供なりに嬉しいのかもしれません。

 

スキルに応じて仕事がもらえる

SOHOという仕事は、その人のスキルに応じて仕事がもらえます。
その人の見た目や人間性を考慮してという事ではありません。
メールでの対応が出来ないなど常識が無い人は却下ですが、基本的には常識があり仕事が出来る人は、どんどん仕事が来ます。

 

年齢も関係なく、性別も関係がありません。
もしかしたら仕事の能力が落ちなければ、定年は無いかもしれません。
いつまでも仕事が続けられるって、良い事だと思います。

 

実施は、手が動かなくなったりするかもしれないので、老人までは無理かも・・・・
でも、手先を使っている事から、ボケは防げるかもしれませんね。


スポンサードリンク