内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

手作業内職の宛名シール張り

 

 

手作業内職の内で、シール張りの仕事を紹介したいと思います。
色々な内職があり、その地域によっても特色のある内職の仕事がありますが、シール張りの仕事はどの地域でも見られる一般的な内職の一つです。
内職手作業シール張りの求人広告も良く見かけることがあります。
しかし、内職シール張りという一つの仕事を扱っているとは限らず、封筒に書類を詰める仕事、書類を仕分ける仕事など事務的な内職一般を扱っている所では、シール張りという固定の仕事の求人では無いです。
新聞や折り込み広告の求人広告などを見ていると内職手作業シール貼りの仕事をよく目にします。
この仕事は単調で誰にでも出来る仕事ですが、シールを剥がしたときに出るゴミが出たり、シールを張るものによってはカサが出たりして、取りに行かなければならない時には意外と大変なものです。
ダンボール1箱などにまとめて詰められていますが、書類関係などはたくさん箱に入るため、重みがあり2階以上の階段の家では辛い作業になります。
内職一般に言えることですが、作業商品を自宅まで届けてくれる業者もいれば、自分でとりに行かなければならない業者もあります。
自分でとりに行く時には、自家用車が必要となりますし、ガソリン代もかかりますから、その分の経費を考えて作業しなければなりません。

 

 

 

内職シール張りの仕事は、例えば封筒に宛名シールを張る仕事、ラベルを商品に張る仕事などがあります。
私も内職手作業シール貼りをやったことが過去にあります。
私がやったのは、カタログに訂正シールを貼るという仕事でした。
印刷ミスがあったカタログに、訂正した箇所のシールを貼っていくというものですが、簡単なようで、意外と大変でした。
仕事自体も大変だったのですが、カタログを家に運び込むというのが意外と重くてかさ張るし大変でした。
またページを探してない職手作業シール貼りをやらないといけないのも大変でした。
内職手作業シール貼りは、簡単そうに見えて貼るものによっては意外と体力仕事ということもありますよね。
内職手作業シール貼りを在宅で考えている人は少し覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。
内職手作業シール貼りを工場などで行っているところもありますから時給制で内職手作業シール貼りを行うのならいいかもしれませんが、家で内職手作業シール貼りを行う
場合には、単価も安くてかなり大変だというイメージが私の中では強いです。

 

他には、封筒に宛名シールを張るという仕事をした事がありますが、カタログと違いそれ程カサはありませんし、スペース的にも畳1畳程度で済みました。
単純に封筒にシールを張るだけなので、意外と簡単ですが、その仕事だけが常に来る分けでは無くカタログのシール張りなどの仕事も平行して行わなければならず、仕事の種類や単価は実際には選べませんでした。
また、あて先によって部数が変わるタイプもあり、地味で単価が安い仕事となることを覚悟の上求人に申し込みを行ってください。
このような仕事は主婦の人が多い為、求人は出さず口コミで仕事の紹介を行っている事も多く、仕事を探すのは意外と大変かもしれません。


スポンサードリンク