内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

内職モニターをはじめるには?

モニターは新商品を試して感想を提出したり、地域で運営されている治自体の改善すべきことを意見したり、テレビや雑誌の感想など商品やサービスの向上につながるよう企業は意見を求めています。
商品が店頭に並ぶ前に新商品を試すことができたりしてお得なこともあります。
平均して数千円の収入になることが多く、テレビモニターや行政モニターなどは長期にわたってのモニターになることもあります。
水道局のモニターをしたことがありますが、数回にわたってのアンケート調査で、数百円の収入ですが地域の水道のことについて意見が言えたので良かったです。
なかなか水道の悪い所などは言いずらいものですが、アンケート形式で地域の水質改善に役に立つと思って意見が言え、地域に役にたってやりがいも大きいです。
テレビモニターなどはテレビの番組の合間に行われたり、地域情報が載っているフリーペーパーに募集が載っていたり、食品モニターなどでは企業のHPで募集していることもあるようです。
店舗やガソリンスタンド、レストラン、タクシーの接客調査など主婦ならではのモニターも行っている場合もあります。
応募用紙や短いレポートを提出しなければならない場合は、キレイな字で丁寧に書くことを心がけたいですね。
モニター情報は新聞の折込や雑誌、広報や企業のホームページに掲載されていたりと情報収集がかかせません。
ネットでモニター仲間を作ったり、モニターのサークルに入りお互いの情報を交換しあうことも有効です。

 

 

 

モニターを手軽に始めるには、ネットで利用できるモニターサイトに登録してみるのが早いでしょう。
しかし、それらのサイトでは全国各地にモニターを参加する人がいるので、多くのモニターに参加できるとは言い切れません。
地域の人の意見を聞くモニターは採用される率が高く、座談会などでは報酬が1万円を超える場合もあるのでお勧めです。
モニターといっても色々なサイトがあるので、実際に自分で利用してみてあっているサイトのみを利用する方法もあります。
モニターはアンケートサイトとは異なり、何か商品を試してその使用感を回答したりすることを仕事としています。
アンケートは数問のアンケートに答えるだけですが、モニターは実際に使用してからアンケートに答えなければならないので、アンケートに比べると手間から高単価に設定されています。
商品ではペット用トイレを実際に使用してアンケートに答えるタイプなどを経験したことがあります。


スポンサードリンク