内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

在宅勤務の意味と問題点

仕事の種類によっては、会社で仕事をするのではなく、在宅勤務の人も居るでしょう。
在宅勤務は資源を節約するという意味でも利用できるエコロジーな働き方とも言えます。
通勤の必要性が無いので、地球のエネルギーの無駄が無いのでしょう。
また、在宅ワークをしている人にとってもメリットがあります。
出勤の必要が無いので、通勤に使っていた時間を有効利用できます。
また、年齢や性別も関係なく働くことが出来ますし、仕事の能力があれば地域を固定する必要もなくなります。
子育て中の主婦の方でも在宅ワークを行えば、仕事をすることが出来ますから、良い人材の確保が可能となるでしょう。
主婦の中にも出産前に培った能力を生かし、仕事をしたいと思っている人はたくさんいます。
主婦の方は長時間の仕事より、短時間の仕事を希望している事が多いので、企業側としても人材を雇う為にかかっていた費用の削減にもなるでしょう。
在宅ワークにおけるパートタイマーの人材は、今後企業側としても大きな利用価値があると思います。
政府でも2010年までに在宅ワークの人口を増やし、支援を行って行きたいと発表しています。


在宅ワークには2種類の形があります

雇用されている人材を在宅で勤務させる方法。
元々在宅ワーカーとして働いている人材と雇用契約を結び、仕事を提供する方法。
最初の雇用している人材を在宅ワークに転向するやり方は、欧米などでは既に多くの企業が取り入れている方法です。
日本でも在宅勤務という方法を採用する企業が増えており、サラリーマンとして働いていた人が在宅勤務になるケースもあります。
在宅勤務をする場合には、一人でも十分仕事が出来るその人物の適正、在宅勤務が出来る環境があることが条件となります。
会社で仕事を行っても、在宅で仕事を行ってもどちらでも能力に変わりが無いなら、座幾多勤務に変えたほうが企業側としても、働く側としても大きなメリットがあるでしょう。

在宅勤務が問題となる人とは

在宅勤務は基本的に一人で仕事をするので、その方が集中して行うことが出来るという人もいるでしょう。
しかし、一人で仕事をしているとそれがストレスとなり、仕事の能力が落ちる人にとっては在宅勤務は適していません。
今まで集団で仕事をしていた人の中には、人とのかかわりも重要だと考える人も多く、仕事をする上で人とのやり取りが必要な人は在宅勤務に向いていません。
また、在宅勤務は仕事の報告など会社側との連絡は欠かせません。
在宅で仕事をしているとどのような仕事の進み具合なのかチェックすることは不可能ですから、常に連絡を取り合うようにします。
自分から進んで仕事を進めていく能力は必要となりますが、会社側との連携も重要となります。
独りよがりで仕事をする人は在宅勤務には向いていません。
主婦の人では、仕事中に育児や家事が絡んでくることを忘れてはなりません。
仕事に集中する為に子供を保育園などに預けるていればそれ程問題となりませんが、中には仕事をしながら育児も行いたいと考える人も居るでしょう。
在宅ワークのメリットは家で仕事が出来る事です。
それを利用し、子供の面倒を見ながら仕事が出来る在宅ワークという環境を選ぶことは不自然ではありません。
自分が仕事のある日に、夫が休日だった場合、介護者が居る場合、育児の必要な子供が居る場合には仕事中にそれらの仕事が入ってきます。
仕事を優先するのか、それらの仕事を優先するのかは人それぞれですが、家族の協力と理解が無ければ在宅ワークを続けることは難しいと思います。
小さな子供は無理としても、夫の協力と理解は最低限必要となります。
育児をしながら仕事が出来るという喜びを感じられるようになれば在宅勤務はうまくいきます。
しかし、夫の理解が無い家庭の場合は、本人がいくらやる気があっても最後には挫折してしまうケースをいくつも見ています。

また、主婦でも社会との係わり合いを持ちたいと思って行った在宅ワークですが、一人で仕事をしているため孤立したような感じに思える人は在宅勤務には向いていません。

在宅勤務のメリット

在宅勤務のメリットは、仕事中でもいつでも育児や家事に入ることが出来る点です。
在宅勤務でも仕事と家事とのメリハリは大切ですが、子供に何かあったときに直ぐに対応できる事は喜ばしいことだと思います。
また、仕事が終わったら直ぐに子供と接することが出来る点でもメリットが大きいです。
子供を他人に預けている事に対する罪悪感を感じない母親は居ないでしょう。
在宅勤務は通勤の必要が無いので、仕事が終われば直ぐに自分の時間として利用できます。
それは、家事や育児だろうと大幅な時間の節約となるでしょう。
仕事の合間に、子供の行事に参加することも可能となります。
30分程度ちょっと外出するなど、仕事に計画性を持っていれば十分可能なことです。
会社で働いている時には、ちょっと育児とか、ちょっと家事などは絶対に不可能です。

在宅勤務のデメリット

一家の大黒柱が在宅勤務をするデメリットとは。
一家の大黒柱である夫が今後在宅勤務になる可能性は今後あると思います。
主婦だけでなく、夫に対しても在宅勤務という働き方はメリットになる事があります。
しかし、妻にとって夫が在宅勤務になることは、必ずしも良いと考えているわけではないようです。
在宅勤務が出来る個室があれば良いのですが、そのような環境が無い場合は在宅勤務といっても別に部屋を借りる必要が出てくるでしょう。
また、家に夫が居られると困ると考える主婦は多いもので、妻にかかる仕事の負担が増えると考えているのです。
夫が外で働くことに慣れてしまっている妻たちには、在宅勤務は受け入れられないものとなっています。

在宅勤務に必要な環境とは

在宅勤務に必要な環境は、会社のパソコンと繋がる環境です。
現在ではネット環境があれば、会社のパソコンと繋ぐ事が出来るので、パソコンとネット環境さえあれば在宅勤務は可能です。
会社側としては会社と在宅勤務者のパソコンを繋ぐ設備とセキュリティーが必要です。
または、直接繋がなくても、メールなどを通して情報をやり取りすることも可能です。

スポンサードリンク