内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

内職の求人の探し方

内職募集を探す方法はいくつかありますが、大きく分けて次のようになります。
1. 自治体や公的団体の内職募集に斡旋してもらう方法です。役所に「内職斡旋課」というところがあり、求人ファイルがおいてあります。
2. 広告やタウンページから内職募集に問い合わせる方法があります。丁寧に見ていくと、広告にも内職募集記事が有ります。会社の住所、電話番号などきちんと明記してある所や賃金計算がきちんとしているところ、仕事内容をきちんと納得するまで確認出来る所なら安心して仕事が出来ると思います。
3. 電柱やチラシから内職募集に問い合わせる方法もあります。
4. .内職をしている人から紹介してもらう方法もいいでしょう。聞くと結構ご近所や友人知人が内職をやっていました。というのはめずらしい話ではありません。業務内容などの情報も得られますしそこから紹介してもらえればかなり安全なのではと思います。

 

 

 

ざっとこれらが内職募集を探す方法です。
1番の自治体での内職斡旋はその地域によって取り扱いする場所が異なる事もあり、必ず行っているとは言い切れませんが、安心して利用できる内職の業者を取り扱っています。
2番目の探し方では、自分で内職の仕事を見つける方法で、内職初心者にはやりにくい方法かもしれません。
電話をしても内職の募集をしていない企業も多いので、多くの会社に電話する必要があるでしょう。
3番目では、電柱やチラシにある内職募集には悪徳業者が隠れていますので、気を付けなければなりません。
確実なのが4番の内職を行っている人からの紹介です。
内職の仕事は口コミでの紹介がとても多く、求人を出していない会社も多いようです。
自分が出来なくなったから、近所の主婦の方を紹介するという話は良く聞きます。
実際に給料をもらっている会社ですから、悪徳業者である事はまずありませんから、安心して仕事が始められます。
その会社のデメリットや仕事の種類、給料単価なども詳しく聞くことが出来るので、端円手内職をする人にお勧めです。
内職の募集で必ず気をつけて頂きたいのはどこに行ったって美味い話や簡単にお金が稼げる話なんて無いって事です。
内職といえども自分の時間と労働を切り売りしているのに変わりないし、その賃金が安いのに技術をそんなに伴わない内職の特徴だから仕方がないのですが、ちょっと空いた時間に○○万円だとか、これを最初に購入すれば継続的に稼げるなんて美味すぎる話は内職詐欺を疑った方が良いかもしれないと思います。
どんな内職をはじめるにせよ、条件、賃金などはっきりとさせてからはじめた方が後々のトラブルも少なくなると思います。
内職の仕事の単価は非常に安く、パート収入のような収入を期待してはいけません。
内職の平均月収は数千円〜多くても2万円程度です。
技術を必要する仕事の場合では単価が高く、5万円など多くの収入を得ている人も居ます。

しかし、それらの仕事はやりたい人が多い為、求人を行っている事は少ないでしょう。
内職は一生懸命やった割にはお金にはならないと考えておいた方が良いです。
家で仕事をする場合には、家事や育児などの空き時間を利用して行う為、仕事中にちょくちょく家の仕事が入る事も珍しくなく、まとまった時間を仕事に当てる事はできないので、実際にはそれ程長い時間を内職に仕事に費やす事は難しいと思います。
家でデータ入力している途中に、赤ちゃんが泣き出した、食事の支度をしなければならない、子供をお風呂に入れる、やっと寝かしつけたと思ったら今度は夫が帰ってきて食事の支度など細切れに家事の仕事が入ってきて、内職の仕事はほとんど進まない事もあります。
夜間まとまって仕事をするとか、赤ちゃんが寝ている時間だけ仕事をするなど自分のライフスタイルに合わせて仕事を調節出来るようになるまで、1日中仕事や家事をしていると感じるかもしれません。


スポンサードリンク