高校生でも出来る内職と、内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

主婦が個人事業主で仕事を得る為に必要な事

主婦が個人事業主としてやっていくためには、ある程度社会人としての常識を理解しておく必要があります。
主婦で一度も仕事をしたことが無いという人は、社会人としての常識が備わっていない事も多く、自分で仕事の営業を行ってもうまく行かないと思います。

 

主婦でも外に働きに出たことがある人は、一般的な社会人としての常識は問題ないと思います。
また、在宅のお仕事として個人事業主としてやっていくなら、メールのやり取りの仕方、仕事としての責任感が最低限必要になります。

 

主婦が育児や家事の片手間仕事をしているという考えの人は、どこか仕事に対する考え方が甘かったり、仕事よりも家庭のことを優先してしまう現状があります。
主婦が個人事業主として在宅のお仕事をするメリットは、家庭や子供のことを優先しやすい事ですが、仕事をする責任感も重要です。

 

子供が小さいなど家庭を優先しなければならない事情があるなら、仕事が出来ない時でも他の人が行ってくれるSOHOグループに入った方が良いかも知れません。
また、ある程度時間に余裕を持って仕事を引き受ければ、仕事が出来ない事情が出来てもある程度対応する事が出来ます。

 

仕事が出来ない事情があっても、時間を見つけて夜中でも行う覚悟があれば、十分主婦でも個人事業主としてやっていくことができます。

 

しかし、子供が熱を出しても、仕事をしながら子供の看病も同時にできるのが在宅ワークの良い点でもあります。
家の子供は風邪をひく事が殆ど無く、家で子供の看病をしながら仕事をするという経験は無いのですが、外にパートに出ている時より子供の病気に対応しやすいと思います。

 

子供や家庭の事情を理由に勝手に仕事を休んだり、納期を遅らせるという気持ちが無ければ、特に大きな問題は無く逆に在宅でのお仕事の方が主婦として母としての仕事もやりやすくなります。
クライアントへの対応が重要で、主婦であるから仕事もいい加減な気持ちだという考えを与えないようにしましょう。

 

私の場合では最初から自分で仕事の営業を行う自身が無かったため、SOHOグループに入りました。
仕事は代表者が取ってきてくれるので営業の必要性は無く、その代わり単価の安い仕事を行う必要背がありました。
はじめの頃はこういう形の働き方でも良いと思います。
SOHOとして主婦が独立してやっていくための基本的な常識や知識を、そのSOHOグループから学ぶ事ができました。

 

在宅でお仕事を行いたいという主婦の方も多いと思いますが、自分で営業をかけても基本的な常識が無ければ採用される事は少ないのです。
また、主婦でもOKというWEB用記事作成のお仕事を見ていると、途中で投げ出す人が多いというクレームが多いのも実情です。
主婦で育児や家事の片手まで収入を得たいという安易な考えの人、SOHOとしての経験が少ない人は途中で投げ出す、基本的な連絡が出来ない、分からない事があれば聞くという事が出来ないのだと思います。

 

主婦でもOKの求人に応募して、そこから始めるのも良いのですが、現在では在宅のお仕事も普及してきているので大量の応募者が居るようです。
その中から選ばれるのは、基本的な社会人としてのマナーが必要になってくるのではないでしょうか。

 


スポンサードリンク