内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

パソコン内職に必要な資格とは

パソコン内職をする為には経験とスキルが必要で、資格があったほうが仕事を得られる率も良く、仕事の種類も増えるでしょう。
しかし、現実にはパソコン内職の為に資格取得を斡旋する、悪徳業者的な業者もあり、資格を取得しても実際には仕事がもらえないなどのトラブルも増えているようです。
仕事を請ける為に、お金がかかること自体おかしいと思ってください。
教材を買う代わりに仕事を斡旋するという企業は詐欺と言っても良いでしょう。

 

 

 

パソコン内職をするには、スキルがある事を証明する為にも資格があったほうが有利です。
パソコン内職をするときに有利なだけでなく、外で働く時の再就職にも役立ちますから、いくつか資格を持っておくと良いでしょう。
ただし、資格があったからと言ってパソコン内職の仕事がたくさん請けられる分けでは無く、転職にも有利とは言い切れませんが。
パソコン内職をする時には、予めパソコンの資格を取得しておいたことに越した事はありません。
一から指導してくれる会社の場合には、スキルを重要視するのではなく、その人の個人的な事を優先する事もあります。
その場合は、一から指導していくので初めから資格を取得する必要は無く、徐々に仕事を覚えながら資格を取得していきましょう。
経験とスキルと求めている会社にとって、同じように内職を希望する人がいた場合に、やはりパソコンの資格があるとないとじゃ雲泥の差です。

 

さて、そんなパソコンの資格ですが、内職をするためだけでなく、今や非常に人気の高い資格になっています。
企業に勤めていても、そのパソコン資格を取得した方が仕事上役に立つとか、出世が早いとかそういったことがあるようで、パソコン資格を取得したいという人がとても多いのは事実です。
その人気を受けてか、様々な新しいパソコン資格も登場してきています。
以前からずっとあるパソコン資格としては、パソコン検定試験が有名です。
通称P検と呼ばれ、総合的なパソコンに関する能力を測るものです。
日本語文書処理技能検定(ワープロ技能検定)も古くからあるスタンダードなパソコン資格です。
一方、ここ最近出てきた新しいパソコン資格で、最近人気のものに、販売店やソフトの売り手などのベンダーが認定するパソコン資格があります。
Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)や、Microsoft Certified Professional(MCP資格制度)がそれで、事務作業における即戦力を求める企業からの評価やニーズも高まっています。
もし、パソコン資格を取得して内職をしたいのであれば、上記のようなパソコン資格をまず取得することを目指した方がいいでしょう。
しかし、資格が無ければ仕事が出来なく、仕事を請けることが無い分けではないので、資格取得ばかりが全てではありません。
最近では、様々な企業に就職するにも、パソコンを使えるのが普通になってきているので、特に資格が無くてもスキルがある場合には採用される事もあります。
昔からあるスタンダードなパソコンの資格だけは必要最低限と考え取得しておいて下さい。


マイクロオフィスとは

マイクロソフト・オフィス

 

『Microsoft Office』より : Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス)は、マイクロソフトが販売するオフィススイート製品の名称である。MS-Officeとも呼ばれているが、これはMS-DOSから訛称されているもので名称にMSとつく製品はMS-DOSのみである。あるいは、他社からもほぼ同等の内容の名称にOfficeとある製品が幾つかある中で、単に Office と呼ばれる場合はMicrosoft Officeを指す場合が多い。
Mac OS X環境についてはMacintosh Business Unit(通称「Mac BU」)を参照のこと。
Windows 95 登場に合わせて、OS開発元の利点を生かし、いち早く 32bit 化した Office 95 を市場に投入し、対応が遅れた他社製オフィススイート商品を圧倒した。また、このころのパソコンへの組み込み販売では、Windows 95への初期導入ソフトとして Microsoft Office を指定した。Office 95 以前は、アメリカ合衆国 米国ではワードプロセッサ ワープロは WordPerfect、表計算ソフト スプレッドシートでは Lotus 1-2-3、日本ではワープロが一太郎が、それぞれシェア No.1 であったが、1990年代後半からデファクトスタンダードとして市場を支配しており、個人向けパソコンの多くにはMicrosoft Officeがプリインストールされている。

 

 

(WIKIPEDIAより抜粋)

 

スポンサードリンク