内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

ネット内職の求人の募集

内職やサイドビジネスが流行っていますので、それに応じて内職の求人も多種さまざまです。
いまではインターネットを利用した内職の求人が増えています。
インターネットでは内職求人サイトが多く開設していますが、中には悪質な業者もあります。
信頼できる内職掲示板などを利用し、企業の情報のチェックを行うサイトで求人を探すようにしましょう。
ネットでは悪質な情報が溢れていますから、うまい設け話には乗らない強い気持ちを持ってください。

 

 

 

 

では、内職の仕事はどこで見つければいいのでしょうか?
公共の職業安定所ハローワークでもハローワーク内職の求人紹介・斡旋をしてもらえるのかというと、ハローワークのハローワーク内職では、残念ながら直接の内職求人・斡旋や内職の紹介はしていません。
しかし、関連機関を紹介してくれる場合があります。
最初にハローワーク内職に行って内職求人を聞いてみるのも一つの方法ではあります。
内職の求人をインターネットのNTTタウンページのホームページなんかで探せます。
タウンページを見ると、内職斡旋業者の他にもダイレクトメール業者や梱包・包装業者など内職を求人していそうな業者が記載されています。
しかし、ここでひとつ注意が必要です。
タウンページに載っているからといって必ずしも良心的な業者であるという保証はどこにもないということです。
タウンページには悪質な内職斡旋業者が登録している場合があります。
悪質な業者は「内職商法」といって、初心者でも仕事ができる、簡単な資格をとれば仕事を紹介するなどと勧誘し、資格をとるのに必要だと高額な教材を買わせたり、仕事の紹介に必要だと高額な登録料を請求したりしますので十分注意してください。
出来る限りインターネットで大手のサイトに登録して、内職の求人を探すことがよいと思います。
個人的なお勧めサイトは、「@SOHO」「ジョブチャンネル」「SOHOビレッジ」です。
手作業内職の情報は意外と少ないのですが、パソコンを使った内職の仕事が多いのが特徴的で、SOHOとして本職で働いている人も利用している求人サイトです。
私もこの求人サイトを利用し、幾つも仕事を得ています。
@SOHOではデータ入力やライティングなどの仕事がありますが、特にライティングのお仕事が増加傾向にあるようです。
ブログなどでアフィリエイトしている人が外注して記事を書いてもらう事も増えており、個人のアフィリエイターからの仕事依頼も掲載されています。

1記事100円〜300円程度が相場かと思います。
簡単なものであれば記事を書き直すリライトの仕事では数十円など単価は安めですが、初心者でも行える内職として良いでしょう。
本業がフリーライターとして働いている人を求めているのではなく、素人でも継続的に仕事をしてくれる人を探しているようです。
「ジョブチャンネル」では専門職も多く、本業として働いている人向けの仕事が多いようです。
内職としてはデータ入力などの仕事がお勧めですが、副業や主婦の片手間の仕事という感覚より、プロとして仕事をしてくれる人材を求めている求人が多くあります。
「SOHOビレッジ」では、手作業内職のまれですが、募集している事があります。
私の経験からでは、傘の組み立て内職やアクセサリーの内職、裁縫の内職、和裁の内職などの求人を見たことがあります。
求人募集はなるべく早めに応募した方が良いので、なるべく毎日チェックするようにしましょう。
また、ネットで応募する時には、人の印象が分からないので、メールでの対応の仕方によって人物像が見えてきます。
応募のメールの書き方や対応の仕方などを最低限身に付けなければ、ネット内職の採用とはなりません。
基本的なマナーを身に付けると、悪徳業者やいい加減な業者をメールの文の内容で見分ける事が出来るようになります。
挨拶が出来ていない文章は基本的に仕事を請けないほうが


スポンサードリンク