内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

在宅ワークの仕事配分

在宅ワークは普通のバイトと違って、自分の好きな時間に働けるのです。
在宅の仕事は仕事時間が決まっている事もありますが、多いタイプが納期が決まっているだけで仕事の時間は決められていない事です。
在宅勤務と言っても、普通のお仕事とは全然違って、時間に縛られることはないでしょう。
しかし、在宅の仕事をしていると自由なようで自由で無い場合もあります。
例えば、子供がいる家庭などでは、在宅で仕事をしていても子育てという仕事は常にありますし、主婦という立場では家にいると家の仕事が何かと出来てしまうものです。
「ママは今仕事中だから家の仕事は出来ないから」と言う訳にもいかず、目に付いてしまった事や家族のお世話など少しずつですが、家の仕事が入ってしまう事があります。
独立して仕事をして、在宅といっても仕事部屋をきちんと持っている人は、このような事は無いと思いますが、主婦とママという仕事を任されている以上放っておけないこともあるのです。

 

在宅の仕事は場合によっては、仕事の効率が悪くなり、あまり収入が多くない事も。
たまにパートに出た方が稼げるのでは?と考えてしまう事がありますが、在宅での仕事のやりがいや合間に家事が出来る点も私は気に入っています。
主婦の人と、男性が在宅ワークをするとではちょっと意味が変わってくるでしょう。
在宅ワークにも色々な職種があるので、一概には言えないことだと思いますが、私が入っていたSOHOグループの間では、主婦の人が殆どで中々時間配分がうまく行かなくてやめていった人もいます。


在宅ワークとデータ入力のメリット

 

在宅ワークで人気があるのが、データ入力です。
昔は「内職」なんて呼ばれていたこともありましたが、データ入力はパソコンを使って
スマートにできてしまいます。
パソコン1台さえあれば、後はその人の技能だけが必要なのです。
内職といっても、時の移り変わりとともにだいぶ様変わりしていて、副業としても人気なようです。
データ入力などの仕事の場合、メールでのやりとりすれば仕事を請け負うのも納品も在宅で大丈夫です。
仕事を請け負うのはメールのみですから、メールの基本的なマナーは必要となります。
しかし、メールのみで仕事が請けられるのは、面接という一つの障害が無くなるということです。
雇う側も素性の知れない人を雇うわけに行かないので、身元とその人のスキル程度は提出する事になりますが、一般的に言うと書類選考のみで仕事が貰えるという事になります。
データ入力を在宅で行う人も、仕事を依頼する人もその点で時間の節約が出来て良いと思います。
データ入力の仕事は、短期間のタイプが多く、長期的な仕事は少ない為、仕事を請ける回転が速い方が良いのです。 

在宅ワークとプロ意識とは

在宅ワークは、家を出るのが難しい人でも、地方に住んでいる人でもまったく問題ありません。
誰でも出来るとは言っても、このお仕事にも、プロの意識は大切です。
なかには知識や技術が求められるという仕事もあります。
きちんとしたプロ意識を持った人のほうが、やはりお仕事は継続してとれるものです。
在宅ワークをしていると、個人の方からお仕事を貰う事がたまにあるのですが、中には基本的なマナーがなっていない人もいます。
こちらはプロ意識を持って行っているので、常識の無い依頼者はやはり継続性に欠けてしまいます。
在宅で仕事をしていると、基本的なことは全てメールでの連絡になります。
そのため、こまめな連絡が欠かせません。
自分はどのくらい仕事が進んでいるのか把握していますが、相手は連絡しなければわからないのです。
納期に間に合わせる為にも、どのくらい進んでいるのか知る必要があるのです。
きちんと連絡をくれる人は安心感があります。
納期を守るなどの社会的常識は基本的になります。
連絡をこまめに取ることと、納期を守ること、この2つが出来ない人は在宅ワークに向いていません。
と言うか、仕事が貰えなくなって来ますから、在宅で続けることは無理でしょう。
在宅で仕事を貰うなら、そのような意識を持っていなければなりません。

スポンサードリンク