内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

ハローワークで内職を探す

ハローワークと内職に関してはいろいろな情報があるようです。
ハローワークとは、1990年に命名された公共職業安定所の愛称です。
ハローワークでは、就職や転職、再就職、内職など、職業についてのいろいろな相談を全て無料ですることができます。
ハローワーク・インターネットサービスは、求職登録をしていない人でも利用できます。
その際には、内職を希望しているということを明確にしておく必要があるようです。
ハローワークは内職専門の求職機関ではありませんから、内職の情報は少なめです。
また地域によってはまったく内職の情報が得られない事もあるので、あくまでも参考の上利用してください。
しかし、通勤を希望の企業の中でも、ある程度スキルの有る人なら在宅でも仕事を任せられると考えている会社もあるので、内職に拘る必要は無いかもしれません。
今では週に何度か在宅の仕事を設けている会社も増えてきており、子育て中の主婦でもどんどん社会に進出できる機会が増えてきています。
通勤の時間はあまり意味が無く、自宅で仕事を行った方が効率が良いという考えの企業もあります。
在宅を利用している会社では、会社でしなければならない仕事と在宅で出来る仕事を分類しており、なくべくムダを省く事を考えているようです。
欧米などでは既に多くの企業が取り入れている方法ですから、今度日本でも業種によっては発展していく可能性もあります。

 

 

 

かなり以前には、この求人票はバインダー式のファイルに納められていただけでしたが、最近では検索用のパソコンがずらりと用意され、パソコンの画面上から閲覧できるようになっています。
一つのハローワークでは、そこの管轄の地域および近隣の地域の求人情報を見ることができるようになっています。
ハローワークインターネットサービスは、他の職種同様に内職に関しても見付け難くなっており、あなたが希望するような給与がほとんど望めないのが現状です。
まずはハローワーク窓口での職業相談・職業紹介を受けて、あなたにあう内職を紹介してもらうのが一番早い方法ではないでしょうか。
ハローワークでは全国各地域のハローワークの求人が公開されていて情報を即入手できますので、ハローワークのパソコンによる内職求人情報の検索をしてみることもおすすめします。
また、インターネットではハローワーク何々と名前のサイトが多数存在しています。
こういうサイトはハローワークの所在地などを掲載してはいますが、直接公共職業安定所と関係があるサイトではないと思います。


ハローワークとは

ハローワーク

 

『公共職業安定所』より : 公共職業安定所(こうきょうしょくぎょうあんていじょ)、略称「職安」(しょくあん)、愛称「ハローワーク」は、国(厚生労働省)によって設置された、職業安定法に基づく国民に安定した雇用機会を確保することを目的とした施設である。求職者には就職についての相談・指導、適性や希望にあった職場への職業紹介、雇用保険の受給手続きを、雇用主には雇用に関する国の助成金・補助金の申請窓口業務や、求人の受理などのサービスを提供する。
公共職業安定所は、取締、規制を行う施設ではなく、いわゆるところの「サービス行政」を行う施設とされている。
なお、高等学校や中学校は、所轄の公共職業安定所に届け出ることにより公共職業安定所の業務を分担する(または、無料職業紹介事業を行う)ことができるものとされる(職業安定法第27条、33条2項)。

 

 

(WIKIPEDIAより抜粋)

 

スポンサードリンク