内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

相互リンクでアクセスアップ

相互リンクをするとアクセスアップにつながります。
訪問者が訪れる方法にはリンクをたどって訪れるという方法があります。
ホームページに訪れる玄関はたくさんあればあるほどホームページに訪れる機会を与えることになります。
検索エンジンからの入り口、リンク集からの入り口など入り口はたくさん設けておいた方が有利です。

 

 

相互リンクには入り口を作るというだけではありません。
相互リンクにはお互いリンクし合うということです。
他のサイトからリンクを張ってもらうということは、検索エンジンの対策としても有効なのです。
検索エンジンで上位表示されているサイトは他のサイトからたくさんリンクをしてもらっているサイト、つまりリンクを張る価値のある有益な情報があるサイトと認識されるようです。
また、たくさんリンクを張ってもらえるような人気サイトと言えます。

 

 

Gooleのページランクというものがあります。
これはページランクの高いサイトからリンクを張ってもらうと自分のページランクも高くなります。
高いページランクからのリンクは人気サイトからリンクして貰えるような有益なサイト、人気サイトとなるようでページランクが高くなるようです。
しかしこのページランクは必ずしもページランクが高ければ検索エンジンで上位表示できるという訳ではないようです。
ページランクが低いサイトでも上位表示されているサイトもあります。
ページランクは一つの目安として考えると良いでしょう。
ページランクを調べるにはGooleのツールバーをダウンロードする必要があります。
ツールバーをダウンロードするとページランクも分かるし、検索ボックスがいつもブラウザの上のほうにあるので便利です。

 

 

相互リンクにはアクセスアップに欠かせないものですが、リンクを張っても被リンクと認識されない場合があります。
自分のサイトがどの位のリンクを張ってもらっているか調べるには、検索ボックスに「link:」と入力した後に調べたいアドレスをhttpから入力します。
このサイトならhttp://hukugyou.1remon.com/というアドレスなので
link:http://hukugyou.1remon.com/
このように入力します。
被リンクを調べるには一度にGooleとYAHOOとMSNを調べられるツールを使うと簡単に調べられます。
どの位のページ数が検索エンジンに登録されているかも分かります。

 

 

ページランクはあくまでも目安で、高ければよいと言うわけではありませんが、一つの目安として利用できると思います。
期限切れのドメインを取得し、既にページランクが高いドメインからサイトを作る方法もあります。
しかし、そのドメインがスパムとされていた場合には意味がありませんから気をつけなければなりません。
ページランクが2など低い場合でも、検索エンジンの上位に出ているサイトもありますから、あまり拘る必要も無いかもしれません。


スポンサードリンク