内職募集の見つけ方から始め方、手作業内職の体験談

MENU

縫製や手づくりの内職

 

 

手先が器用で縫製が得意であれば、是非挑戦してもらいたいのが縫製の内職です。
洋裁や和裁が出来る人は家で内職が出来ます。
仕事内容はミシンを使って本格的に行うタイプもあれば、ボタン付けなどの簡単な手縫いの仕事もあります。
洋裁や和裁の経験がある人の方が単価が高く、内職の中でもそれ程賃金は低くありません。
縫製の内職は他の内職と比べても比較的単価が高く、誰にでも出来るものから手に職をつけている人まで幅広い人に人気があります。
場合によっては、外にパートに出るくらいの収入を得ることも可能です。
縫製内職の具体的な仕事の内容は、依頼してくる内職を斡旋している業者によっても本当に色々ですが、例えば私がよく見かける縫製内職では、ウエディングドレスの縫製内職をよく求人情報誌などで見かけますね。
ウェディングドレスを作っている会社で、手作業でつけなければならないパールなどの取り付けや、もちろん場合によっては工業用のミシンを使ってウエディングドレスを縫うということもあると思います。
また、ウエディング用の小物なども手づくりする事がありますし、和装の花嫁衣裳を縫う仕事もあります。
この仕事は本格的な仕事になりますので、経験が無いとちょっと辛いです。
洋裁学校を卒業した生徒さんや洋服を取り扱う専門の職場で経験がある人に向いており、家庭でも外に働きに出るのと同じくらい稼げます。

 

 

 

 

 

本格的に業務用ミシンを利用して縫い物をする内職は限られた人にしかできませんが、家庭で出来る簡単な縫製内職もあります。
例えば、お守りの袋を作るなど小物の縫製内職があります。
他には手づくりが求められる、幼稚園バックやスモックなども内職としてはあります。
最近ではミシンを持つお母さんも減ってきており、自分で手づくり出来ない人も多く、お金を出して手づくりで作って貰うケースが増えてきています。
中には、幼稚園グッツの手づくりを専門としたショップを開いている人もいます。
ホームページなどを利用すれば、内職感覚でショップの店長になる事も可能です。
また、近所のお母さんやママ友立ちと協力してショップを運営している人も居るようです。
縫製内職は手先が器用な人なら誰でも比較的出来ると思いますが、意外と縫製内職をやり始めるまでは気が付かないと思うのですが、糸くずが沢山出て部屋が散らかるといわれています。
趣味で小物を作る程度なら大丈夫ですが、仕事となると納期に間に合わせなければならないので、肩こりや目の疲れなども出てきます。
縫製内職をやっている知人の家は糸くずが散らかって大変だし、布がかさ張っていがいと
スペースがいるんだそうです。
縫製内職をしたいと思っている人は多いかもしれませんが、色々と考えた上で縫製内職を始めるといいかもしれませんね。
手先が器用な人や資格を持っている人は縫製内職に有利だと思います。
他には、ビーズのアクセサリー作りやペットの洋服などもニーズがあり、手編みなども内職としてはあります。
趣味の延長線として仕事が出来るので、とても楽しい仕事ですが、商品ですから丁寧さが必要となってきます。
ボタン付け程度なら誰でも出来る内職の仕事だと思います。

ミシンを使う小物の内職は、手間がかかる割にはそれ程稼げません。
縫製内職で稼げるのは、本格的に洋裁や和裁をやっていた人のみでしょう。
和裁の内職は意外と出来る人も少ないので、市町村役場などでも内職を斡旋している所もあります。
インターネットや知人を通して、手づくり品を販売しているショップなどの求人が仕事を探す手段です。
ごくたまにですが、求人広告にも出ている事があります。
手作業内職の掲示板では、個人で運営している手づくりグッツ販売のショップ店長さんが求人を募集している事もあります。


和裁とは

和裁

 

和裁(わさい)は、和服を制作することやその技術のこと。和裁は和服裁縫の略語。大正時代の頃までは、裁縫といえば和裁のことであったが、洋裁と区別するために、和服の裁縫のことを和服裁縫、または和裁と呼ぶようになった。現在「裁縫」という言葉は和裁・洋裁のどちらも含む総称である。裁縫のことを「仕立て」ともいう。
洋服の場合は、既製品であっても、着る人のそれぞれの体型に合わせてサイズの異なる服が作られる。一方、和服の既製品の場合は、袴と足袋を除けば、子供用・大人の男性用・大人の女性用の3つの標準寸法があるだけである。ただし、袴と足袋の既製品は種々のサイズが作られる。特別な体型で標準寸法の和服では合わない場合は、採寸して作られる。しかし袴・足袋を除けば、和服を個人の体型に合わせるのは着付けの段階である。女性用の和服では、裾の長さは腰の位置で折り畳むことにより調節される。このように折り畳んだ部分をおはしょりと呼ぶ。男性用の和服の着付けではおはしょりは作らない。洋服にはないこの和服の特徴により、和服を新たに取得するときに、洋服よりもサイズを確かめる必要性が低い。また、親と子の体型がよほど大きく違わないかぎり、娘の結婚式などで母の高価な和服を娘が着るようなことが可能となる。ただし、女性用の和服であっても、欧米の白人女性が着る場合、彼女たちは一般的に日本人女性と比べて背が高く、サイズが合わないことがある。男性用・女性用を問わず、正装の和服は格調高く作られ、非常に高価であり、伝統工芸品・芸術作品としての価値が生まれることもある。普段着の和服は、工場で大量生産されることがある。

 

 

(WIKIPEDIAより抜粋)

 

スポンサードリンク